ベランダの網入りガラス修理 大阪府守口市U様

ガラス修理前

施工前

ガラス修理後

施工後

お客様のお悩み

・ガラスに大きなヒビが入ってしまったので、ガラスの修理をして欲しい。

施工データ

工事種別 網入りガラスの修理
寸法 横850mm×縦2000mm
施工箇所 ベランダ
商品名 網入りガラス
地域 大阪府守口市
建物種類 分譲マンション

ベランダの網入りガラスに大きなヒビが…

大阪府守口市にお住まいのお客様から工務店を経由して、「分譲マンションの大規模改修工事をしていて、ベランダのガラスにヒビが入っているので、ガラス修理をお願いしたい。」とガラス修理の依頼を頂きました。ご連絡頂いてから早速、ベランダのガラスを拝見しにいくと、横850mm×縦2000mmのガラスに大きなヒビが入っていました。ガラスは小さなヒビ割れであっても、車の振動や建物の揺れなどで、徐々に大きなヒビ割れに変化します。今回のガラスも小さなヒビ割れが、2~3年程の間に大きなヒビ割れになっていったようでした。

 

即日のガラス修理も可能

今回はお見積もりから10日後に、ガラスの入れ替えを行いました。少し日数が掛った理由は、マンションの修繕工事の工程にあわせた為です。一般的なガラス修理の場合は、即日でガラス交換が可能な事も多いので、「ガラスが割れてしまい、風が吹き込んで寒い」「すぐにガラスを交換して欲しい」とのご要望がある方は、ぜひ弊社までご相談いただければと思います。

 

網入りガラスの理由

マンションにお住まいのお客様は「何故、うちのマンションのガラスは網入りガラスなのだろう。他の人の家みたいな透明のガラスにしたいのに」と疑問に思われた方もいらっしゃるかと思います。ただし、これにはマンションが建っている地域の建築基準法の防火設備関連法規が関係しており、網入りガラスの使用が義務付けられています。

 

実は、網入りガラスは防火設備にあたります

理由は、火事になったときの延焼被害を少しでも食い止める役目をするからです。

普通のガラスだと火事になった場合、ガラスが割れ落ちて、割れたところから大量の空気が室内に入り込み、火の勢いが増して外にまで火が漏れ出てしまいます。しかし、網入りガラスだと、ガラス内の針金がガラスをつなぎとめ、室内に空気が入ることを防ぎます。その結果、火事の延焼を最小限に防ぐことができます。こういった理由から、網入りガラスの使用が義務づけられているわけです。

 

ガラス修理のポイント

ガラスは真ん中を叩いても割れにくいですが端を叩くと割れやすいので、ガラスを交換する際にサッシや壁など堅いものにぶつけないようにする必要があります。

特に今回のような大きなガラスの場合、2人体制で慎重に慎重を期して作業をいたしました。

 

お客様の声

ガラスの修理後、「新しいガラスになって綺麗になった」とのお声をいただきました。

ガラスのヒビ割れ、ガラスの割れに関するお悩みは何でもご相談ください。

大阪近郊のガラス修理なら、中尾硝子店までお気軽にご連絡ください。

topへ

page top