早く直したい!工場のガラス修理~神戸市東灘区~

工場のガラス修理前

施工前

20160212123030

施工後

お客様のお悩み

  • 雨樋の修理をしていたら、誤ってガラスを割ってしまった。
  • できるだけ安く、早くガラス修理してほしい。

施工データ

工事種別 ガラス修理
寸法 横600mm × 縦600mm
施工箇所 工場の1階の窓
商品名 網入り型ガラス
地域 兵庫県神戸市東灘区
工期 1時間
建物種類 工場
値段 約1万円

スパナが当たって、ガラスが割れた

「ホームページを見て、お電話しています。現場は神戸市東灘区ですが、ガラス修理をお願いできますか」とお電話いただいたのは、雨漏り修理業者様でした。お話を詳しく聞くと、雨漏り修理に出かけた際に、スパナを落としてしまい、お客様先の工場のガラスを割ってしまったとのことでした。

 

「このままガラス割れを放置すれば信用問題にもなるので、できる限り早くガラスを修理して欲しい。しかし、イレギュラーの出費になので、できるだけお得にガラス修理してもらえないか」というご要望でした。

 

ガラス修理の値段を安く、早くする2つの工夫

今回のガラス修理では、費用を抑えて工期を短くするために、2つの工夫を行いました。
下記に詳しくご説明いたします。

 

①ガラスの採寸をお客様に行っていただく

1つ目の工夫は、ガラスの採寸をお客様に行っていただいたことです。
通常、ガラス修理の場合、まずは現場に伺ってガラスの採寸を行います。
自社内でガラスの在庫もいくつか保有しているので、在庫のあるサイズのものであれば、他に依頼が入ってない限りは即日対応が可能です。

 

ただし、在庫の無いサイズのガラスの場合はメーカーに発注します。
メーカーに発注するとなると、発注してから最短でも2日~3日ほどお時間を頂く事が多いので、ここでタイムラグが発生するわけです。

 

今回のお客様は工事関係の方だということもあって、割れたガラスの寸法をお客様に採寸いただきました。それによって、ガラスの採寸に伺う手間を省略することができました。

 

今回の採寸していただいたガラスは、横600mm×縦600mmでした。

 

②現場でガラスをカットする

2つ目の工夫は、現場でガラスをカットしたことです。
通常のガラス修理であれば、事前に採寸した大きさに合わせてカットしたガラスをお持ちいたします。しかし、今回のような遠方のお客様だと予定に組み込むための兼ね合いで、入れ替え作業伺うまでに少しお時間をいただくことがあります。

 

今回は、お客様に大体の採寸をしていただいたので、ある一定サイズのガラスを持っていき、現場でガラスのサイズを調整するためにカットすれば、時間の短縮することができます。

 

現場で切断可能な範囲

  • 厚み:2~6.8mm以内(もちろん網入りガラス以外も対応可能です)
  • 大きさ:横900mm×縦1300mm以内

 

上記のガラスであれば、現場でカットが可能です。

 

問い合わせ後、すぐにガラス修理できた

今回のガラス修理の場合、お客様で寸法を測っていただけて、更に在庫のあるサイズのガラスでした。
その為、お電話をいただいた翌日に現場に伺って、寸法の微調整をするためにその場でガラスをカット及び入れ替えを行うことができました。

これによって、採寸やガラス加工の時間も短縮できたので、その分費用もお安くすることができました。

 

神戸市東灘区でのガラス修理なら、中尾硝子店までお気軽にお問い合わせください。

topへ

page top