玄関の引き戸の石目ガラスを型板ガラスに交換 尼崎市

玄関 引き戸 交換前

割れた玄関引き戸のガラス

ガラス交換後の玄関引き戸

交換後の玄関引き戸のガラス

玄関のガラスが割れてしまったので早めに交換してほしい!

尼崎市の木造一戸建てにお住まいのお客様からのご依頼です。誤って玄関引き戸のガラスにぶつかり、引き戸上部のガラスが大きく割れ、落ちてしまいました。

施工データ

工事種別 ガラス交換
寸法 W 600×H 800
施工箇所 玄関
商品名 4mm型板ガラス
地域 兵庫県尼崎市
工期 1時間半
建物種類 一戸建て
値段 8000円(取付込)

ご連絡を頂いたその日に交換へ向かった

玄関の引き戸のガラスが割れてしまった場合は、1日でもそのまま放置していると、安全面でも防犯面でも問題があります。ですので別現場の作業が終わり次第、新しく交換するガラスを会社に取りに戻り、それからすぐにお客様のお家へ伺いました。

 

 

石目ガラス

元々入っていたのは、4mmの石目(いしめ)ガラスです。昔ながらの住宅の玄関などに多く使われているデザインガラスで、石のように少し粗目の模様が入っていて、薄めのすりガラスのようになっています。

 

引き戸下部のガラスはまた種類が違い、一般的な4mm型板ガラスが取り付けられています(過去にも石目ガラスが割れて交換していると思われます)。今回はこの下部のガラスに合わせて、割れてしまった引き戸上部のガラスを同じ4mmの型板ガラスに交換しています。

コーキングの代わりにゴム製のビートで囲う

新しい型入りガラス

上の写真が新しく取り付ける4mmの型板ガラスです。ガラスをぐるりと覆っているのは、ビートと呼ばれるゴムで、いわゆるコーキングと同じような働きをしてくれます。

 

コーキングは、ガラスと窓枠やドアのサッシの隙間を埋めて、隙間風を防いだりガラスがガタガタ動かないようにする役割がありますが、昔ながらの木造住宅の玄関引き戸の中には、サッシが細く、コーキングをしっかり入れられない構造のものもあります。

 

そういう場合には、ガラスの周りにゴム製のビートを巻き、窓枠やサッシにはめこむと、コーキングを使わなくても、コーキングと同じような効果が得られます。

 

 

ビート 四隅

このように、ビートの四隅には最初から切り込みが入っていています。切り込みがあるとゴムがもたつかないので、サッシからの取り外しや取り付けがしやすくなります。

「早く直ってよかった!」とお客様のお声

取り付け中

割れたガラスの取り外し、そして新しい型板ガラスの取り付けの際は、サッシの枠の横枠・縦枠を1本ずつ外しています。ビート付きの新しい型板ガラスを入れたら外した枠も元に戻し、引き戸を玄関のサッシにはめ直して作業は完了です。

 

お客様には、「急ぎでガラスが直ってよかった!」と安心していただくことができました。今回の玄関引き戸のガラスのように、急ぎでガラスを交換してほしいという場合には、ガラスの種類や寸法が分かると、交換するガラスを予め切り出してから現場に搬入することが出来るので、よりスムーズに作業を行うことが出来ます。ぜひご相談ください。

 

ガラスの交換なら中尾硝子店まで!

topへ

page top