マンション空き室の熱割れした網入りガラスを入れ換え 尼崎市

網入り型板ガラス 入れ換え前

入れ換え前のガラス

入れ換え後 網入り型板ガラス

入れ換え後のガラス

窓ガラスの下の方に、小さい熱割れが出来てしまっているので、入れ換えしてほしいです!!

ガラス 入れ換え前

尼崎市の不動産屋さんから、マンション空き室のガラス入れ換えのご依頼をいただきました。

網入り型板ガラス 入れ換え前

上の写真でもお分かりいただけるかと思いますが、ベランダへ続く窓にはめ込まれた4枚の網入りガラス(厚み6.8mm)のうち、左下の1枚に熱割れが原因のヒビが見られました。

また、ヒビ割れの下の方(サッシに近い方)は、錆びついてしまって、茶色く変色しているのが分かります。

(後で、網入りガラスを外した際に、ガラス側面のワイヤー部分も錆びてしまっているのが確認できました。)

現場のマンションの空き室は1階にあり、それほど日当たりは良くないかと思われたので、冬になると、かなり冷え込んだかもしれません。

室温が寒ければ、ストーブなどの暖房器具でお部屋を暖めることが必要になります。

そして、室内の気温と室外の気温の差が大きいと、結露が発生してしまうので、熱割れが発生してしまう条件は大いにあったと考えられます。

また、いつ新しい入居者さんが来られるか分かりませんので、割れてしまった網入りガラスを、しっかり入れ換えさせていただきました。

施工データ

工事種別 ガラスの割れ換え
寸法 W,950×H,750
施工箇所 お部屋からベランダへ続くガラス窓
商品名 網入り型板ガラス(厚み6.8mm)
地域 尼崎市
工期 1時間
建物種類 マンション
値段 12,000円(取り付け工事込)

普通のガラスより重たい網入りガラスは慎重に運び出し

今回、入れ換えを行うガラスは、窓にはまっている4枚の網入り型板ガラスのうち1枚だけですが、これを入れ換えするためには一旦アルミの枠ごと、窓を運び出す必要があります。

 

 

IMG_0064-min

窓やガラス戸を、お家の前まで運び出すこともありますが、今回は作業スペースの確保できるベランダがありましたので、そこに運ぶことになりました。

 

こちらのお部屋のベランダは、お部屋と比べて一段低い構造になっていますので、誤ってガツンと思い切り地面にぶつけて、割れていないガラスまで傷つけてしまうことのないように、十分気をつけさせていただきました。

 

そうでなくても、網入りガラスは通常のガラスと比べてワイヤーが入っていたり、厚みも増している分重量がある(この窓ガラスで約28キロ)ので、落としてしまうことがないように、いつも気をつけています。

L字型にアルミ枠を取り外して新しい網入りガラスと入れ換え

窓ガラスのアルミ枠は縦に1本、横に1本(L字型)に取り外して、スムーズに中の熱割れした網入りガラスの入れ換えを行いました。

 

ガラスはコーキング代わりのビートというゴム材で固定されており、新しい網入りガラスも、このビートをかけ直して、元通りに入れるだけだったので、特に時間がかかってしまうようなことはありませんでした。

 

 

ガラス入れ換え 作業完了後

新しい網入りガラスを入れた窓を、元の場所に戻して、ガラスの入れ換えの作業は完了です。

ちょうど1時間くらいで、作業を終えることができました。

 

結露などの影響で、よく発生してしまうガラスの熱割れに、お困りのお客様も多いかと思いますが、中尾硝子店なら、スムーズにガラスの入れ換えを承らせていただきます!!

 

尼崎市の空き室のガラスの入れ換えなら中尾硝子店まで!!

topへ

page top