いたずらで割られた駐輪場の窓ガラスの割れ換え 尼崎市

ガラス 割れ換え前

網入りガラス 割れ換え前

ガラス 割れ換え後

網入りガラス 割れ換え後

不審者に外から思い切りガラスを割られてしまいました。危ないので、早めに割れ換えをお願いいたします!!

尼崎市にある、駅の駐輪サービスの担当者様から窓ガラスの割れ換えのご依頼をいただきました。

ガラス 割れ換え前

今回、割れ換えを行うのは、駅の駐輪場のガラスです。

お客様いわく、「どうやら知らないうちに、不審者がいたずらで思いっきりガラスを割っていってしまった」とのことでした。

派手に割れてしまった駐輪場のガラスは、ガムテープとダンボールで補修していますが、いつバリバリに割れ落ちてしまってもおかしくはない状態です。

そこで、今回はこちらの窓ガラスの割れ換えを、迅速に1時間で行わせていただきました。

施工データ

工事種別 窓ガラスの割れ換え
寸法 W,600×H,1200
施工箇所 駐輪場の窓
商品名 網入り型板ガラス(元々の網入り型板ガラスは廃番)
地域 尼崎市
工期 1時間
建物種類 駅の駐輪場
値段 1万8000円(割れ換え工事)

駅前は人通りが多いので割れ換え作業は安全を考慮

2933EDFE-26E9-4FDF-9F2D-854225A828D6-min

今回は、駅前の建物のガラスの割れ換え作業で、通常の住宅地よりも、周りの人通りや車通りが多くなっていますので、いつも以上に安全面には気をつけて作業をさせていただきました。

 

割れてしまったガラスは、アルミの枠ごと建物の外側に取り外し、道具を積んだトラックの近くまで運び出す必要があるのですが、今回は特に派手な割れ方をしていますので、誤って地面に落としてしまわないように、気を遣いました。

廃番になってしまった網入りガラスに近いガラスと割れ換え

割れてしまった網入り型板ガラスは、古いもので、現在は廃番になってしまっていました。

表面が亀の甲羅のようにボコボコしており、昔はソフトワイヤーと呼ばれていたガラスです。

 

今回は、出来るだけ、割れてしまったガラス(元々入っているガラス)の雰囲気に近い網入り型板ガラスを選んで、窓の寸法通りに切り出しして、入れ替えを行いました。

 

 

網入り硝子 割れ換え後

ガラスの割れ換え自体は、アルミ枠や枠を固定しているビスの劣化がほとんど見られなかったこともあり、とてもスムーズに作業が進みました。

 

写真にも写っていますが、コーキングよりも簡易的な、ビートという大きな輪ゴムのようなもので、ガラスの固定を行っています。

割れ換えしたガラスを駐輪場の窓サッシに戻して作業完了

ガラス 割れ換え後

割れ換えを行った窓ガラスは、再度、人通りと車通りに気を付けて運び、元の駐輪場の窓サッシにはめ込んで、全作業の工程は完了です。

 

新しいガラスは、表面を触るとボコボコしていないので古いガラスとの違いは分かりますが、遠目から見るとさほど違和感はありません。

これで、駐輪場を利用している方や、付近を通行する方に危害がおよぶ危険性はなくなりました。

 

お客様は作業当時、私たちのガラス割れ換え作業にとても協力的でいてくださり、「ガラスが取り外すために、自転車をよけましょうか?」とご提案をしてくださいました。

でも、窓ガラスは建物の外側に向けて外せるので、自転車をよけるお手数はかかりませんでした。

 

住宅やオフィスの場合もそうですが、たくさんの方が利用する公共的な施設のガラスが割れた場合は、誰かが怪我をしてしまう可能性が高く、放っておくととても危険です。

もしもガラスが割れてしまったら、今回のケースのように、早めにガラス修理屋にご依頼することをオススメいたします!!

 

尼崎市の駐輪場のガラス割れ換えなら中尾硝子店まで!!

topへ

page top