会社ビルの玄関ドアに入っているガラスを交換 堺市

線入りガラス 交換前

ビルのガラス 交換前

線入りガラス 交換後

ビルのガラス 交換後

会社ビルの、玄関ドアに入っている線入りガラスが割れてしまったので、交換してほしいです!!

堺市の、ある会社様からビルの玄関ドアに入っているガラスの交換のご依頼をいただきました。

線入りガラス 交換前

会社の事務所等が入っているビルの、正面玄関のドアは、重厚なステンレスで出来ています。

そのステンレス製の玄関ドアの中に入っているのが、1枚板の線入りガラスです。

ビルの玄関ドアに人が思いきりぶつかってしまって、中の線入りガラスもバキバキに割れてしまったとのことでした。

会社に勤めている人はもちろん、時にはこちらのビルまで、来客の方もお見えになるでしょうから、割れたガラスをこのままの状態で長く放っておくことはできません。

そこで今回は、約1時間で素早く、ビルのガラスの交換工事を行わせていただきました。

施工データ

工事種別 ガラス交換
寸法 W,850×H,1800
施工箇所 会社ビルの玄関
商品名 線入りガラス(厚み6.8mm)
地域 堺市
工期 1時間
建物種類 会社ビル
値段 4万5000円(ガラス交換工事費用込み)

割れた破片が落ちやすい線入りガラスは慎重に取り外し

線入りガラス 交換前

線入りガラスの中には、一方向にワイヤーが入っています。

 

そのワイヤーとは、防火用の網入りガラスに格子状に入っているワイヤーとほぼ同じようなものです。

ですが線入りガラスは、網入りガラスとは違い、縦方向あるいは横方向(今回の線入りガラスは縦方向)にしか、ワイヤーがないので、ガラスが割れて落ちてしまう危険性が高いと言えます。

 

そのため、今回のビルの玄関のように、ガラスの上から下まで、バキバキにヒビ割れてしまっている場合は、ガラスの破片が落ちてこないように、特に気を付けて、取り外しの作業を行う必要があります。

 

こういった特性から、防火用としてというよりは、デザイン性を気に入って、線入りガラスを採用されるところが多いようです。

ビルの玄関ドアの押さえを外して新しいガラスと交換

古いコーキングをカッターで切り外してから、割れた線入りガラスの取り外し作業に取り掛かりました。

今回の会社の玄関ドアは、いちいちドアを丸ごと外さなくても、中のガラスだけ抜き取ることが出来る構造になっていました。

 

ですので、玄関ドアの細い押さえ(ドアの下部にありました)を、ドライバーで外し、そこを起点として、割れた線入りガラスの取り外しを行いました。

 

先述しましたが、線入りガラスは網入りガラスとは違い、割れたガラスの破片が落ちてきてしまう可能性が高いので、安全面には特に配慮して作業を進めていきました。

新しい玄関ドアのガラスにコーキングを打ち直して作業完了

線入りガラス コーキング中

割れた線入りガラスを取り外した後は、新しい線入りガラスを、会社の玄関ドアの中に入れました。

写真は、線入りガラスの両面から、コーキングを打ち直している最中のものです。

 

 

線入りガラス コーキング拡大

※新しい線入りガラスのコーキング拡大

 

 

線入りガラス 交換後

水色のマスキングテープを外して、ビルの玄関ドアのガラス交換作業は完了です。

 

ビルの敷地内ということもあり、それほど人通りが多かったわけではなかったので、作業も割とスピーディに進めさせていただくことができました。

会社の顔とも言える玄関ドアのガラスを、1時間ちょっとで元通りキレイに戻すことができて、良かったです!!

 

堺市のビルのガラス交換なら中尾硝子店まで!! 

topへ

page top