割れっぱなしだった倉庫のガラス20枚を交換 大阪市淀川区

ガラス 交換前

倉庫のガラス 交換前

ガラス 交換後

倉庫のガラス 交換後

長い間、割れたガラスを交換していませんでした。雨や風がかなり入ってくるので、倉庫全体の修繕を機に、まずはガラスを交換してほしいです!

大阪市淀川区にある、会社倉庫のガラスの交換事例です。

パテで固定された昔ながらの窓ガラスは、見たところ取り付けられてから30~40年の年数が経っているようでした。

ガラス 交換前

窓ガラスを取り付けてから今まで、様々なタイミングでガラスが割れてきたそうですが、会社のスタッフだけが出入りする倉庫だったこと、そして倉庫に収納されている備品がそれほど重要なものではなく、泥棒に盗まれる可能性が少なかったことを理由に、あまり気にせずそのままにしていたそうです。

ただ、やはり長年放置しているうちに、割れた窓がどんどん増えてきて、結果的に20枚もガラスが割れたまま放置されている状況になってしまいました。

あまりに多くの窓が割れているため、倉庫の中に雨や風が入ってきたり、時にはネコが入りこんでしまうことも多くあったとの事でした。

そこで、倉庫自体も劣化していることもあり、倉庫全体の修繕を行うことになり、まずは「割れっぱなしの窓を何とかしよう!」と、割れた窓ガラスを全て交換することになりました。

施工データ

工事種別 ガラスの交換
寸法 W,400×H,800
施工箇所 倉庫の窓
商品名 3mm透明ガラス
地域 大阪市淀川区
工期 3人で半日
建物種類 1階建倉庫
値段 8万5000円(作業代込)

3人のスタッフで効率よくガラスのパテを除去

ガラス 交換中

今回は、ガラスを約20枚交換するので、普通に1人で交換すると、かなり時間がかかってしまうかと思われました。

そこで、今回は3人のスタッフで作業を分割し、効率よく交換作業を進めていけるようにしました。

 

1番時間がかかると思われたガラスのパテ除去は、サッシが鉄で出来ていて頑丈だったので、写真に写っている”はつり機”という機械を使うことができ、手作業と比べてかなりスピーディに行うことが出来ました。

(※ちなみに、もしサッシがアルミ製だった場合、ドライバーによる手作業でパテの除去を行わなくてはならず、おそらく丸1日でも終わらなかったかと思います……)

倉庫の20枚のガラスを半日で交換完了!

ガラス 交換後

ガラスのパテを外すと、バコッと外側にガラスが外れる仕組みになっていましたので、ガラスの入れ換え自体はスムーズに行う事が出来ました。

 

パテがついている間は、ガラスが強力に固定されていますので、すぐに割れ落ちる可能性が少なかったのですが、割れたガラスを取り外す際は、やはりガラスの破片が落ちてケガをしたり、周りの物を傷つけてしまわないように気を付けました。

 

朝から作業を行い、お昼ごろにガラスの交換が完了しました。

これから破れたトタン壁などの修繕を行うとのことですので、雨や風を完全にシャットアウトでき、仮に倉庫に長く滞在しても、快適でいられるかなと思います。

お客様にも、ご満足していただくことができました!

 

「割れっぱなしの窓ガラスを、何とかしたい!」というお悩みがありましたら、何でも中尾硝子店にご相談ください!

大阪市淀川区の倉庫の窓ガラスの交換なら中尾硝子店まで!

topへ

page top