ヒビ割れたワイヤー入りガラスの交換 尼崎市武庫之荘

ワイヤー入りガラス 交換前

ワイヤー入りガラス 交換前

ワイヤー入りガラス 交換後

ワイヤー入りガラス 交換後

マンション4階空き室のワイヤー入りガラスが割れているので、交換してほしいです。

尼崎市武庫之荘にあるマンションのオーナー様より、ガラス交換のご依頼をいただきました。

ワイヤー入りガラス 交換前

今回交換を行うのは、マンション4階の空き家にある、廊下に面したワイヤー入りガラス(W,800×H,1100)です。

廊下に面しているため、窓の外側には面格子が取り付けられています。

ワイヤー入りガラス ヒビ アップ

ガラスの横から下に向かい、写真のように大きなヒビ割れが入っていました。

結露が多い窓によく起こる、ガラスの熱割れが原因のヒビだと考えられました。

※熱割れは、直射日光によりあたたまりやすい、ガラスの中心部が膨張する力に対し、サッシ周辺からはたらく引張応力が、ガラスのエッジ強度を超えると起こる自然割れです。

室内と室外の温度の差が大きい窓ガラスに、よく発生します。

もちろん、いつ新しい住民さんが来られるか分かりませんので、このままにしておくわけにはいきません。

そこで、熱割れによる大きなヒビが入ってしまったワイヤー入りガラスを、運び出し・切り出しなどの時間を含めて1時間程度で行わせていただきました。

施工データ

工事種別 ワイヤー入りガラスの交換
寸法 W,800×H,1100
施工箇所 マンション空き室の窓(廊下側)
商品名 ワイヤー入りガラス
地域 尼崎市武庫之荘
工期 1時間
建物種類 4階建てマンション
値段 約2万円(交換工事費用込)

外側は面格子なので内側へうまく窓ガラスを取り外し

先述したように、今回交換を行う窓ガラスは、マンションの廊下に面しており、防犯目的の面格子がしっかり設置してあります。

そのため、通常通りにサッシの外側へ向けて、窓ガラスを取り外すことは不可能です。

1度、サッシの外側へ窓ガラスをずらしてから、内側(室内側)へ、窓ガラスを入れる必要がありました。

 

特に大変な作業というわけでもありませんが、この方法がとれるのは、今回のケースのように、面格子と窓の間に、窓1枚分のスペースが確保されている場合のみです。

 

※面格子と窓の間隔が近すぎて、いったん外側へ外せない場合は、面格子を外さなくてはいけませんので、その分の時間がかかります。

面格子を外すのはビス(固定しているネジのような物)を抜くだけなので簡単ですが、面格子を復旧させる作業がなかなか大変なのです。

割れたワイヤー入りガラスは外の駐車場まで気を付けて搬出

そうして取り外した窓ガラスの中に入っている、割れたワイヤー入りガラスを、窓枠を解体して外し、外へ持っていきました。

この際、交換を行うワイヤー入りガラスの正確な寸法も、測ってあります。

 

マンションにはエレベーターがなく、最上階である4階から1階までは、階段を使いましたが、ヒビ割れた部分から、ワイヤー入りガラスが割れ落ちることがないように、十分に気をつけています。

 

また、階段から今回駐車可能だった駐車場までも、少し距離がありましたが、他の住民さんなど一般の方に迷惑にならないよう、気を付けてトラックまで運んでいます。

 

新しいワイヤー入りガラスを、先程測った寸法通りに切り出したら、そのガラスを持って再度元きた道をもどり、いよいよガラスの交換作業を行います。

ワイヤー入りガラスは元の切り込み入りビートで固定

搬入した新しいワイヤー入りガラスは、ビート(大きな輪ゴムのようなイメージ)で巻いて、窓枠の中にもどしました。

 

ビート アップ

ビートをピンと張らせてキレイに巻けるよう、ビートの四隅には切り込みが入っています。

 

ワイヤー入りガラス 交換後

新しいワイヤー入りガラスを入れた窓を、サッシの中にもどせば、今回のガラス交換(修理)作業は完了です。

熱割れしやすいマンションの窓3つ

最後に、簡単ではありますが、熱割れしやすいマンションの窓の例をいくつかご紹介します。

 

  • 西の方角の窓(強烈な西日は窓ガラスを膨張させやすいため)
  • ワイヤー入りガラスが使われた窓
  • 石油ストーブなど、水蒸気の発生する暖房器具を使う部屋の窓(結露が起こりやすいため)

 

さらにはめ殺し窓、カチカチのパテで固定されている窓に関しては、振動割れのリスクもありますので、注意が必要です。

マンションのオーナー様が、空き部屋の窓ガラスをチェックする時の参考にしてみてください。

 

尼崎市武庫之荘のワイヤー入りガラスの交換なら中尾硝子店まで!

topへ

page top