割れた掃き出し窓のガラスを交換 宝塚市仁川

掃き出し窓 ガラス 交換前

掃き出し窓のガラス(交換前)

掃き出し窓 ガラス 交換後

掃き出し窓のガラス(交換後)

1階掃き出し窓の古いガラスが割れてしまって、しばらく放置していました。お家のリフォームのついでに交換してもらいたいです。

宝塚市仁川にある一戸建てにお住まいのお客様から、掃き出し窓のガラス交換のご依頼をいただきました。

掃き出し窓 ガラス 交換前

リビングとお庭の間にある掃き出し窓の中のガラスは、一部割れてしまっていました。

昔、物をぶつけてしまったことが原因だそうですが、そこまでひどい割れ方でもなかったので、透明のテープで補修して、そのまま放置されていたそうです。

しかし今回、お家全体の改装を行うことになり、そのついでに割れっぱなしだった掃き出し窓のガラスも、キレイなガラスに交換したいと思われて、中尾硝子店までご依頼をくださりました。

施工データ

工事種別 ガラス交換
寸法 1200×800
施工箇所 リビングとお庭の間の掃き出し窓
商品名 単板透明ガラス(5mm)
地域 宝塚市仁川
工期 約1時間
建物種類 一戸建て
値段 約2万円

交換前の掃き出し窓に使われていた昔の透明ガラスは割れやすい

掃き出し窓 ガラス 交換前

今回のお家の掃き出し窓に使われていたのは、今時のフロートガラスとは製法の違う昔ながらのガラスです。

 

よく見るとガラスの表面は平らではなく歪になっており、現在流通されているような透明ガラスと比べると、耐久性が低く、そんなに強くない衝撃でも割れてしまうことがままあります。

 

長年中のガラスを交換していない窓は、もしかすると割れやすくなっている可能性があるかもしれませんので、注意が必要です。

ビートが硬化して使えないので、掃き出し窓ガラスの交換後はコーキングで固定

掃き出し窓の中のガラスは、ビートというゴム質の太い輪っかをかけて、固定されていました。

このビートの劣化が少なければ、そのまま新しく交換するガラスにかけ直して、枠の中にはめ込むのですが、今回はその方法は使えませんでした。

 

というのも、ビートの劣化が激しくところどころに亀裂が見られ、硬化したビートが縮んでしまって、本来ガラスを巻くのに必要な長さが足りなくなってしまっていたからです。

 

 

掃き出し窓 ガラス 交換後

そのため新しく交換する透明ガラスは、ビートではなく、写真のようにコーキングを使って固定を行いました。

掃き出し窓のガラスの外と内の両面から、コーキングを行っています。

 

ビートをそのまま使う窓ガラスの交換作業の方が、作業にかかる時間が少ないことは確かなのですが、中尾硝子店ではコーキングを使う窓ガラスの固定作業も、普段よく行っているため、それほどお時間はかかりません。

 

作業時間は約1時間で、割れた掃き出し窓の透明ガラスの取り外し、新しい透明ガラスとの交換、ガラス両面のコーキング固定を行うことが出来ました。

 

 

一戸建ての掃き出し窓は、空き巣にも狙われやすい窓の1つです。

ガラスが割れたまま放置していると、「防犯意識が低いのかもしれない!」と考えて空き巣のターゲットにされる可能性もありますので、割れてしまったら早めの交換をオススメします。

 

宝塚市仁川の掃き出し窓のガラス交換なら中尾硝子店まで!

topへ

page top