マンションベランダ手すりのひび割れた網入りガラスを交換 西宮市

施工前

施工前

施工後

施工後

マンションベランダ手すりのひび割れたガラスを交換して欲しい

今回はマンション空室のリフォーム中に、ベランダの手すりのガラスが割れていることに気づいた工務店さんからの依頼です。

3階建てマンション2階のお部屋の、ベランダに設置された手すりにはめ込まれた網入り型ガラスの左下の一か所が割れていました。

IMG_0919

施工データ

工事種別 ガラスの交換
寸法 800×800
施工箇所 ベランダ手すり
商品名 6.8mm網入り型ガラス
地域 西宮市
工期 1時間
建物種類 3階建てマンション
値段 約2万5千円

網入りガラスのヒビ割れは湿気が溜まりやすい下方で起こりやすい

網入りガラスのヒビ割れの原因は、急な温度変化による熱割れのほかに、ワイヤーが錆びて起こるものがあります。

 

縁の網が露出している部分から錆びが始まり、錆びて膨張したワイヤーに圧迫されてガラスが割れるというものです。

 

錆びの原因は湿気ですので、どうしても湿気の溜まりやすい窓の下の方から割れてきます。

 

今回のガラスも左下が割れており、取り外したガラスのワイヤーも錆びていたのでこの部分の膨張が原因だったと言えるでしょう。

 

最初は縁の小さなヒビだったものが、振動などで更に割れてしまう事もありますので早めの取り換えをお勧めします。

ベランダの手すりの網入りガラス交換の工程

1.ガラス押さえ口の取り外し

ガラスの左右を固定する押さえ口を取り外します。

 

取り外した押口 

2.ガラスを固定していたコーキング材の除去

既存のシリコン製コーキング材をカッターで取り除きます。

 

押口取り外し

3.割れたガラスの取り外し

ケンドン式(板状のものを上の溝の中に差し入れた後、下の溝にはめ込む方式)のサッシに嵌ったガラスを外します。上に持ち上げて下の溝から離れたら手前におろしながら取り外します。

 

この程度の割れでしたら、網入りガラスは簡単に割れ落ちることはありませんが、気を付けて運び出しました。

4.交換する新しいガラスの切り出し

予め聞いておいたサイズより、ひと周り大きい網入り型ガラスを用意しておき、取り外したガラスに合わせた大きさに切り出します。

 

手すりにケンドン式ではめ込まれているガラスは、外してみないとサイズがわからないので、少し手間はかかりますが、このように外してから切り出しを行ないます。

 

作業は車で行ないました。

5.網入り型板ガラスの取り付け

新しいガラスをサッシ上部の溝に差し入れた後、下部の溝に乗せるように設置します。

 

ガラス取付け

6.押さえ口の取り付け

左右の押さえ口を取り付けます。

 

押口取付け

7.ガラス面・サッシのマスキング処理

コーキング材がはみ出して汚れないように、ガラスとサッシの境界周辺にテープでマスキングを施します。

 

マスキング

8.ガラスとサッシの隙間をコーキング処理

シリコン製のコーキング材で上下左右をコーキングします。

 

施工後

以上で作業は終了です。ベランダの下はマンションの敷地で人通りもあまりない箇所でしたが、ガラスやゴミが落ちないように注意して作業を行ないました。

網入りガラスのワイヤーの錆びによるヒビ割れを防ぐ方法

屋外ではなく、室内外を隔てる窓の網入りガラスの場合は、室内の結露をこまめに拭き取ることで余計な湿気が窓にとどまらず、錆びによる割れを防ぐことができます。

 

屋外の場合、日々、雨風や夜露にさらされるため、こまめに拭き取ることは難しくほとんど対策を行なうことができません。

 

しかし、全く何もできないというわけではなく、ワイヤーガードという網入りガラスのワイヤーを錆から守る保護材をあらかじめガラスの縁に塗っておくことで多少は防ぐことができます。

 

ただ、ワイヤーガードも耐用年数が2~3年程度で、それ以降は割れてしまう可能性があるので注意が必要です。

ベランダの網入りガラスのヒビ割れは気づいた時に交換を

防火のために多くの建物に使用されている網入りガラスですが、ベランダなどの屋外に使用されている場合、ワイヤーが錆びて膨張し、割れてしまう事があります。

 

ワイヤーがある為簡単に割れ落ちることはないとはいえ、割れたままにしておくのは危険ですし、建物の外観も損ねてしまいます。

 

今回のように、入居者入れ替えのタイミングでベランダ手すりのガラスの割れに気づいた場合は、次の方が入られるまでに取り換えることが望ましいでしょう。

 

 

兵庫県西宮市のマンションベランダ手すりの網入りガラスの修理なら中尾硝子店まで!

topへ

page top