入口の扉の高さ2mのガラスを交換 尼崎市 商業施設

ドアのガラスが割れた

施工前

ドア割れ替え後

施工後

商業施設入口の扉のガラスが割れた

尼崎市の駅前の商業ビル2階の歩道橋につながる出入り口の開き扉のガラスが割れたとのことで、工務店経由で割れ替えをご依頼いただきました。

開き扉は、押したり引いたりして開けるタイプの扉で、枠の中央に横向きに手すりが渡されている形状でした。

両開きの内側から見て左側の扉に大きな亀裂が入り、一部割れ落ちた部分もありました。

ドアのガラスが割れた

施設の方に伺ったところ、車いすがぶつかって割れたそうです。

2~3日前に割れたとのことで、割れ替えまでの間危なくないようにと、白い養生パネルと養生テープで保護されている状況でした。

朝、開店時間までに作業をしてほしい、同じガラスに替えて欲しいという要望がありましたので、時間を調整し、同じ種類のガラスを用意してお伺いしました。

施工データ

工事種別 ドアのガラス割れ替え
寸法 800×2000
施工箇所 開き扉
商品名 8㎜透明板ガラス
地域 尼崎市
工期 1.5時間
建物種類 商業ビル2階
値段 約8万円

入口の扉のガラス交換の工程

1.扉の手すりの取り外し

扉の真ん中に横向きについている手すりを取り外します。

 

両端の枠に固定されているネジを取り外し、内側と外側それぞれの手すりを外しました。

2.割れた部分の手で外せる部分を取り除く

損傷がひどく、手でも取れる部分のガラスを先に外します。

 

割れた部分は非常に鋭利になっており、グラついて不安定な状態のまま作業を行うと思わぬ怪我をしてしまう恐れがあります。

 

ですので、先に危なそうな部分は取り除いておきます。

3.コーキングを切る

サッシとガラスの隙間のコーキングをカッターで切ります。

コーキング切断

4.押さえ金物の取り外し

扉の下部分のガラスの押さえ金物を取り外します。

 

この部分を外すことで、ガラスの入れ替えができるようになります。

 

5.残ったガラスを外して運び出し

残ったガラスをずらしながら、取り外して車に運びます。

 

ガラス取り外し後

6.新しいガラスの切り出し

新しく嵌める8㎜の透明板ガラスを切り出します。

 

あらかじめ、ガラスの幅は扉に合わせて800㎜に切って持ってきていたので、高さのみ当日に実際のガラスに合わせて2,000㎜に切り出しました。

6.新しいガラスの設置

切り出したガラスを2人がかりで車から施工場所まで運びます。

 

ガラス割れ替え工事は、ガラスを運ぶ時が一番危険です。

 

ガラスは角部分に力がかかるとすぐに割れてしまいますので、どこにもぶつけないように注意して運びました。

 

ガラス運搬1 ガラス運搬2

 

扉の前で、ガラスに吸盤を貼り付け、ガラスを前傾させ上の枠の中に嵌めた後、持ち上げながら垂直に立て下の枠に嵌めます。

 

ガラス用の吸盤 ガラス嵌め

 

このとき、枠に直接ガラスの底辺が触れないようにするためのゴムを取り付けておきます。

 

固定用ゴム

7.押さえ金物の取り付け

ガラスが直立した状態で、押さえ金物を下枠に取り付けます。

8.シリコンでコーキング

ガラスとサッシの境目をライトグレーのシリコンでコーキングします。

 

周囲が汚れないようにマスキングテープで養生をしておきます。

 

養生 コーキング

9.手すりの取り付け

最後に内側と外側に手すりを取り付けます。

 

手すりは小さい隙間から手探りでネジを回して取り外しを行なう構造でした。

 

外すときはさほど難しくありませんでしたが、取り付けるにあたって、手すりのネジ穴と扉のネジ穴を合わせるのが大変でした。

 

ドアの手すり取付け

 

商業施設の開店時間は10時でしたので、それまでに終わるように8時から作業を開始し、9時半には作業が終了しました。

 

◆開店時間までに入口の扉の大きなガラスを交換できた

今回は商業施設の扉の割れた大きなガラスを交換しました。

 

複雑な構造の手すりの取り外し、取り付けは大変でしたが、ご希望いただいた時間までに作業を終えることが出来ました。

 

 

このようなガラスの開き扉は商業施設やビルでよく使われているかと思います。

 

作業できる時間に制約がある場合も、弊社ではスピーディーかつ安全に作業をさせていただきますので、もしお困りでしたら是非一度ご相談ください。

 

 

兵庫県尼崎市の商業施設の入口の扉のガラスの交換なら中尾硝子店まで!

topへ

page top