トップ > 断熱対策商品

断熱対策商品

  • 窓からの冷気で部屋が寒い。
  • エアコン代を下げたい。
  • 石油ストーブの燃料代を下げたい。
  • 結露からのカビが気になる。

こんな窓の悩みは断熱対策で解決できます!

断熱対策の方法は、ガラスの種類の変更や二重窓にすることなど様々な方法が有ります。

また、断熱対策をした窓は、防音性能も多少上がりますので。赤ちゃんが外からの騒音で起きちゃう。赤ちゃんの泣き声が近所迷惑になってないか心配。防犯対策が少し心配。といった方にとっても最適な手段です。

窓の断熱対策ができるもの

二重窓

工事時間は1時間ほど! お手軽なのにものすごく高い断熱効果が期待できます。 価格も安めで経済的です。

真空ガラス

断熱効果の高い真空層がガラスとガラスの間に入っており、非常に高い断熱生を発揮します。 遮熱効果も高いので直射日光の熱も減少させれます。

断熱と遮熱の違いをご存知ですか?

断熱と遮熱の違いを簡単に言うと、「断熱は熱が伝わりにくいこと」「遮熱は熱を反射すること」この2つに表すことができます。

◆断熱を具体的に…

例えば、断熱効果の高いものを例に上げると、木材・樹脂・発砲プリスチレンなど。逆に断熱効果の低いものの代表各は金属です。

これらの違いを一言でいうなら、どれだけ熱が伝わりやすいか?という事です。断熱というのは、熱を断つという言葉通り、熱を移動をさせない事です。

直射日光に表面が当たって裏面が熱くなるものなどは、断熱性が低いということです。

◆遮熱を具体的に・・・

遮熱というのは、昔に小学校で白の紙と黒の紙を太陽にあてて触るといった経験をしたことがありませんか?

大人になると普通のことのように思ってしまいますが、そもそも黒色は熱を吸収するといわれている本当の意味は、紫外線を吸収しているから熱くなるのです。

逆に白色は紫外線を反射するので熱くなりません。これは遮熱と同じで、遮熱材料は光は通すが紫外線を反射するので、明るさはそのままでも、暑さは感じないというわけです。

◆遮熱と断熱の利用用途

そしてこの断熱と遮熱は利用用途が少し異なります。

例えば、断熱はよく冬に耳にする言葉だと思いますが、部屋の暖かくなった空気を外に逃がさないために断熱が有効だから冬に良く聞くのです。

じゃあ夏は有効じゃないのか?というと、決してそうではありません。夏もエアコンなどで冷えた空気が逃げないようにすることに繋がります。

しかし、窓から西日などが入ってくる場合、どれだけエアコンで冷やしても、暑い西日のせいで室温が上がってきます。

こういう時には、遮熱によって光は採り入れるけど熱は入れないようにするといった対策をとるのが好ましいのです。

こういったことを踏まえて、取るべき手段は遮熱か?断熱か?を決めるのがオススメです。

二重窓・内窓

二重窓は、大きな工事をする必要なく、約1時間程の作業で今の窓の余っている枠にもう1枚の窓を取付けるだけで、高い断熱性や気密性が得られます。

分かりやすい効果は、結露防止・防音・防犯・省エネなどがあり、防音目的で利用する方も多いです。

施工費用も安いことから選ばれる方の多い方法になります。

プラマードUは樹脂性なので、冬場は熱を逃がしにくく、夏場はエアコンで冷やした空気を逃がしにくくなります。

また、ガラスも単板ガラスや複層ガラスなど高性能なガラスを選ぶこともできます。

インプラスは静電気を帯電しないのでホコリを寄せ付けません。

だから汚れにくいので日頃のお掃除もラクチン。

更に、光沢を抑えたマットな仕上がりにより、上品な高級感を演出できます。

プラメイクはほかの二重窓の持っている性能はもちろん、更に様々な木目調カラーやシンプルなモノトーンカラーを選べます。窓の雰囲気を大きく変えることもできます。 インナーウインドまどまどは、サッシとガラスの組み合わせがたくさん選べます。また防犯ガラス仕様もあります。更に優れた遮音・防音性能からホームシアターグランプルで5年連続金賞を受賞しているほどです。

二重窓の料金表

真空ガラス

真空ガラスはガラスとガラスの間に0.2mmの真空層を設けることにより、高い断熱性と高い遮熱性により、窓からの熱の浸入をカットすることで、冷暖房効率を上げ省エネに役立ちます。

また、高い断熱性により結露がしにくくなるので、カビの発生がしにくくなります。更に遮音性も上がります。

真空ガラスは健康にも環境にも良いガラスです。

日本板硝子株式会社 スペーシアは世界で初めて作られた真空ガラス。 真空ガラスの特徴は、ガラスとガラスの間に真空層を作る事でペアガラス(複層ガラス)の約2倍の断熱性能を実現。まるで真冬でも冷めない魔法瓶のような窓。
日本板硝子株式会社 クリアFitの特徴は、自然な色味の無色透明なフロートガラスの間に0.2mmの真空層があるので、高い採光性だけでなく、一般的な複層ガラスの約1.5倍、1枚ガラス窓の2倍以上の断熱性能があります。また断熱性と遮音性に誇ります。
YKK 光を上手にコントロールできる、ブラインドがガラスとガラスの中に入っています。例えば夏場はブラインドと閉じて熱の浸入を防ぎ、冬は太陽光を効率よく取り入れるといったことができます。 またカーテン無しでも外部の視線を遮断できる優れもの。

真空ガラスの料金表

二重窓と真空ガラスの違い

二重窓と真空ガラスの違い

真空ガラスは、今のサッシのままガラスを交換するだけですが、二重窓は今のサッシとガラスはそのままで、窓枠の室内側にもう1枚窓を作ります。

効果はどちらも、断熱・遮熱・防音などがあり、防音性能だけでいうと二重窓の方が高いです。

また、真空ガラスはガラス交換をするだけで済むのですっきりとした窓になりますが、サッシがアルミの場合はそこから熱が伝わってきてしまうという特徴もあります。

そのため、「高断熱・高防音を求めるのであれば二重窓」、「スッキリとした窓の状態で高断熱を求めるなら真空ガラス」という選び方ができます。

お問い合わせはこちら

主なお取り扱いメーカー
NSG GROUP YKKAP TOSTEM 三協立山アルミ AGC 旭硝子 セントラル硝子株式会社
対応可能エリア
pic

※エリア外でも対応可能な場合もありますので、お問い合せ下さい。

詳しく見る

住宅エコ商品 防犯対策商品 断熱対策商品 メールのお問い合せはこちら 作業ブログ
会社名 中尾硝子店
所在地 〒660-0814
兵庫県尼崎市杭瀬本町1-6-13
TEL 050-3497-0883
代表者 中尾 聡之
営業時間 8:30~17:30 
休日 日曜/祝日/第2・4土曜

page top